夢でも嘘でもいいじゃない。


by rui-astrogate
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

期も初

そう最近携帯を変えて(嫌いと言ってるのに携帯の話ばかりでもアレなんで)スペックが以前と比べかなり無茶が効くようになり、ヘタしたら動画系はウチの林檎様よりサクサク見れるんじゃないかなぐらい。ゲームも随分と出来るようになってて、懐かしいのから最新のまで色々とお試しつつ、もしかして逆に己の人間性が試されてるのではないかと嫌悪感。ビバ課金!!

なかでも「幻想水滸伝」ってRPGをガッツリとプレイ。

一回目で全然仲間が揃わなかったんで、現在2周目プレイ中。休憩時間とかにチマチマやっておるのだよ。このゲームってプレステの初期も初期の作品で、懐かしかな、考えてみれば軽く10年以上前のもんなんだね。当時プレステかセガサターンか、みたいな時代にスーファミで満足出来てたもんだからまだ本体がそんなに普及してなくて、友人の中でも持ってるヤツは限られてて、たまたま持ってたヤツがこの「幻水」をやってたからソイツのメモリーカードに勝手にオレのセーブデータ作って、通いつめてプレイしたもんです。(最終的に間違って上書きされるが、当然文句は言えず)

またソイツのウチが中学〜高校時代には珍しく、なぜか夜中まで遊んでてもOKだったもんだから悪ガキ共の格好の溜まり場になってて。家族が何一つ言わないし、特にオヤジさんに至っては夕方に行くともう既に真っ赤な顔してベロンベロンに酔っぱらってる様な人だったからさ、オレ達的にはもう楽しくて楽しくて仕方なかったのさ。オヤジが。呑んで絡んできて、パジャマ姿のオヤジとゲームしたり、ベランダでケツ出して暴れてたり。当の息子は反抗期にあり、きっとその不愉快さは察するに余りある尋常なものじゃなかっただろうがね。

数年経って大人になったある日の事。友人と二人で地元の居酒屋に入って最初のビールを頼んだら、なぜか「4つ」来るのだ。あれっ?と思ったその刹那、店員「アチラのお客様からです」。
店員の指差す方には、真っ赤な顔したあのオヤジが。
してやったり的にグッと親指を突き出しニヤリと笑うではないか。
安いドラマの一場面のような展開と、急なオヤジ登場に驚きつつも、礼を告げると言葉少なく千鳥足で店を後にするオヤジ。僕らが店に入ったのはまだ日の出てる夕方だった。苦笑いしかできねぇよ!!そりゃあ昔っから「おじさん、仕事は?」って何度聞こうと思っても聞けなかったんだよ!!
そこでまた一つ、「なっちゃいけない大人リスト」が増えたのは言うまでもなく。

これが「幻想水滸伝」で思い出す話です。何か?
[PR]
# by rui-astrogate | 2008-07-07 03:10 | R DAYS

本気魂

気が付けば七月、taspo作ってねーやー、しか頭にありません。あれね、記入までバッチリ済ませて写真貼んなきゃダメって気付いた瞬間にポイッてしてそのまま。でも「やべぇどーしよー」って話じゃなくて、「やばくてもどうにでもなる」からみんな作らないんだ、もっと切羽詰った感じにしてくれないと。

物価高騰。別に私は言うほど影響を受けてるワケじゃないですけど、ほらガソリン使う物もってないし、小麦粉から料理する事なんて滅多ないですし、普段からワケのわからないところに小銭をバラまいてるような生活ですし。しかしながら節約を意識すれば、映画レンタルは半額を狙い、レンタル出来そうなCDはレンタルで済まし、マンガの単行本は繰り返し読みそうなモノをじっくり厳選して…って、よく考えたらこれが既に無駄無駄無駄無駄遣いであるよな気がしてくるのだが、これがなくなったら廃人になってしまう。

ゲームだって、PS2で一回下がったソフト単価がPS3でまた上昇。さらに細かい課金を強いられる陰謀にハマってるじゃあないか。DSだってPSPだって見た目はポータブルでお手軽かもしれないが、そこそこやってりゃ予算がもたないんだよ。
そこで、みなさん賢く、安く、ゲームを楽しもうとすれば、「マジコン」なんてもんに走ってるのだろうが、ワタクシどーしてもアレが好かんのである。違法とか合法とか以前に「好きな物のパッケージが存在しない事」に強烈な違和感を感じる。ヒルマンも驚きのMr.違和感だ。
昔のファミコン時代のショボイゲームとかはまだ理解出来るだが、出たばっかりのDSのソフトとかは、なんつうか、気持ち悪いってのが最初。似非正義感で「買えよ」ってのがその次。
これでもiTunesの扱いには慣れたもんで音楽データに関しては別に変な意識もないんだが、こうゆうちょっとしたコピーも許せる柔軟な気持ちを持てないから、ゲーム素直に買ったりDVD BOXとか買ったりして散財してるんだな。誰の共感も得られないこの時代寂しーねぇ。

しかし、まぁ、そんなワタクシでも携帯ではチマチマとゲームやってたりするしね。

珍しく、次回に続く。
[PR]
# by rui-astrogate | 2008-07-02 15:28 | R DAYS

作博

ここのところ、なぜか古〜いメタルブーム再燃で、な・ぜ・か、UFOなんて聴きながら書いてます。オジーとかホワイトスネイクとかシンリジィとか聴きまくってますよなぜか。iPodでレーサーX(最初の方)聴いて街を歩いてる時に、エグザイルのテニスボールみたいな頭のヤツが表紙のフリーペーパーを渡すなボケぇと思ったが、そんなコッチの事情を分らない事自体が面白くなって笑えた。

さて、映画。「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」とゆうのをレンタル。
もともとは喜劇の本だったのを新鋭の監督さんが映像化した作品で、いろんなところでナントカ賞を貰いまくってたみたいだし、役者も馴染みある感じの面々だったのでチョイス。それぞれがどこかちょっとズレてて、有り得ない不幸を巻き起こしながらも、え?全然幸せですよ、って感じの田舎の家族のコメディ。なかでも、嫁マチコ役の20世紀最後のアイドルこと(今オレが付けたから世間ではどーか知りませんよ)永作博美の好演光る。このキャラはもったいないなぁ、スピンオフとか作って欲しいなぁ。よーするに、本筋に全然関係ないポジションなんだけど、全然この人の方が「ドラマ」なの。面白すぎるのですマチコ。

「もしかして人より不幸なんじゃないかしら、アタシ?」ってなぎら健一口調で軽く思ってる人にはオススメです。幸せの価値観もそれぞれならば不幸の基準もそれぞれ。何が起ころうとも芯を強く持ち軽く笑い飛ばしてればそれなりに生きてられるのですよきっと。

だから、まぁ、耳塞いで時代錯誤のメタルを聴いて、まぁ、その、あれだ。
[PR]
# by rui-astrogate | 2008-06-30 21:39 | R DAYS

OTTT夏だぜ。

もう夏じゃん。夏やがな。夏ですたい。イッツサマー。夏ハセヨ。

各地の方言を用いてみても暑い事には変わらず、これからの2ヶ月あまりの事を思うと身も凍ります。おおソレってラッキー。そーではなくて、前から何度か書いてるけど我が家は24時間体制の店舗と隣接しており、その業務用エアコン室外機の影響をモロに受けるのです。つまり夏になれば、外の方が涼しい、なんてコトが全然もっぱらしょっちゅうSHOT YOU!!あるワケですよ。そりゃまぁ簡単いうところの「地獄」なわけで、蟹座のデスマスクですらビックリもんですわ。

夜勤体質でマッ昼間に寝なきゃならん事がほとんどだし、そもそもエアコンつけて寝るのがダメな体質だし、窓を開けようにもハナっから風通しの悪い建物なもんで、この季節が来ると気温と湿気に苛まれたワタクシ、ほぼ全裸で「うーん、うーん」と眉間にシワ寄せ唸りながら寝ているのです。それはそれで地獄絵図なのでしょうきっと。蟹座のマニゴルドもビックリもんですわ。


近所にあったクリーニング屋が潰れて、閉じっぱのシャッターにはテナント募集。
先月あたりからセコセコと内装工事が始まっていて、何だろなぁラーメン屋とかだと嬉しいなぁなんて想像しワクワクしてたら、出来た看板に「メガネ」の文字。悪気はないんだろうけど、ちょっとガックリきたなぁ。しかもなんか「おいそこのメガネ」って言われてる気がしてさぁ。

…と、ガックリしてるのも束の間、今度は隣が内装工事。
やったねコイツは確実に飲食店だ!!わっほい!!
…と、わっほいしてるのも束の間、ポストには、もはやお約束となった紙が。
「ガス工事」「水道工事」「電気工事」…ここまできたらもうあとは「仲本」しかないだろうよ。そんなコト言われたらさすがに辛抱たまらんだろうけどよ。

この夏、眠れない夜、もとい昼は続くのです。うーん。
[PR]
# by rui-astrogate | 2008-06-24 10:52 | R DAYS

伊達巨人

録画しておいた「ラストフレンズ」の最終回を見る。
今さらワタシごときアーダコーダ言う必要もないくらい話題なので、ドーダコーダ言うつもりもありませんが、久々に「いろんな意味で面白い」ドラマだったんじゃないでしょうか。もちろん長澤マーの演技力含む。

んで、

んでだ、
大変ながらくお待たせいたしました…待ってないとか言わない、むしろ待ってろ。
どうゆう経緯かってゆっても2行ぐらいしか書いてないけど、オレの中では「待望」だった。

映画版「魁!男塾」をレンタルしてくる。やっとだ。見る見る言って結局劇場では見ず、その存在すら忘れかけてた頃にツタヤの新作コーナーで発見したのだ。興奮のあまり無茶な当日レンタルを敢行し返しにいくのが億劫になったのは言うまでもなく想像に難くない。いやそんな個人的な事情は誰も知る由がなかろうが。2Dで、あいや平面…平たく言えば「ケチ」だってコトですよ!

もう「オッサンが高校生」ってのは映画における常識になりつつあるので触れないとして、それでも連載初期にあった雰囲気、男塾の無茶っぷりは良く描かれてたんじゃないかな。
民明書房の解説とか思わずニヤリもあったりその辺は嬉しいんだけど、時間割き過ぎ。非常にテンポが悪いの。後半のバトルになってから顕著で、もぅ〜たるくてたるくて、もちょっとテンポよくしてくれてたら眠くならなかったのになぁ。若干残念な感じ。あとは江田島編をVシネ化求む。

そんな感じでタラタラ流してたら、おなじみ二号生筆頭・赤石が、よく見たら「ラストフレンズ」のモトクロスのコーチ役の人だった。なんとも役者だなぁ。まぁ、似た様なプロテクターは付けてたのだけど。
[PR]
# by rui-astrogate | 2008-06-22 17:58 | R DAYS